債務整理の種類

電卓弁護士に借金問題を相談した場合に、債務整理として提案されるのが任意整理、特定調停、民事再生、自己破産の4つの手続きです。この4つの手続きの中から債務者の状況に合わせて最適な手続きを選びます。

任意整理は貸金業者などの債権者と交渉を行い、借金の返済額や借金事態の金額を見直す方法です。利息の再計算や支払い方法の変更などを交渉してもらうことで、長期分割や毎月の返済額の軽減などその後の返済を楽にすることができます。

特定調停はかいい裁判所で調停委員の立ち会いのもと、債権者と債務者が借金の減額や分割払いの条件を交渉する方法です。利息の再計算などで借金の減額を期待することができます。

民事再生は裁判所に申し立てを行い、借金の一部を原則3年間で支払うことを条件に残りの借金の返済を免除してもらう方法です。住宅ローンや車がある場合でも選択することができる手続きであり、継続的な収入があれば利用することができます。

自己破産はこれ以上返済をすることができないと裁判所に申し立てを行い、免責を受けることで借金の支払い義務を免除してもらう方法です。借金の原因が浪費やギャンブルなどの場合は免責がおりないこともあります。

以上4つの手続きから選択肢、借金問題を解決することで苦しい返済の日々から解放されます。