メリット・デメリット

弁護士任意整理や特定調停、民事再生や自己破産など、借金の減額や返済義務の免除など、借金に悩む人にとって債務整理によって得られるメリットは大きなものです。この他にも弁護士に依頼をすると督促が停止する、家族や職場の人など周囲の人にバレずに借金問題を解決することができるなどのメリットがあります

ですが債務整理を検討する際にはそれぞれの手続きによって発生するデメリットについてもしっかり知っておく必要があります。例えば借金の返済額や総額の減額を交渉する任意整理の場合は、個人信用情報機関に金融事故として記録が残ってしまうことから人整理後5年程度はクレジットカードやキャッシング、銀行のローンなどの審査が通らなくなります。また金融業者との交渉の際に安定した収入がないと交渉に応じてもらえない可能性が高くなります

個人再生も手続き後5年~10年は新たにローンを組むことができなくなり、住宅や車などを維持しながら手続きをすることができますが、安定した収入がないと利用することができません。そして自己破産の場合は、返済義務が免除されることで法的に借金が0になりますが、財産も一定の額を残して没収されてしまいます。生活必需品を除いた住宅や車などの高額財産や20万円以下の預貯金以外の財産、預貯金は差し押さえが行われます。もちろん自己破産後は5年から10年はクレジットカードや銀行ローンなどを利用できなくなり、住居や車の差し押さえがあると家族にバレてしまう可能性もあります。